依頼する 取得の流れ

不動産登記簿謄本とは


不動産登記簿謄本とは何だろう。

大切な財産である土地や建物について、その所在や広さなどと所有者の住所氏名、担保権の有無・内容などを、国が管理する帳簿に記載してあります。これは一般に公開されていますので、申請すれば誰でも見る事が出来ます。
それが不動産登記簿謄本です。

様々な必要性

以下のような場合に必要となります。

  1. 土地や建物を購入または売却したとき
  2. 不動産の所有名義人が死亡し相続が発生したとき
  3. 不動産を子供に生前贈与したいとき
  4. 不動産を個人名義から会社名義にしたいとき
  5. 所有不動産を担保に融資(住宅ローン)を受けたとき
  6. 不動産を担保にした融資(住宅ローン)を完済したとき
  7. 以前登記した住所や氏名が変わったとき
  8. 離婚したので財産分与をするとき
  9. 共有財産を単独名義に変更(共有物分割)したいとき

等に必要です。

仕組み