依頼する 取得の流れ

仕組み


仕組みについて

土地・建物ともにそれぞれ表題部・甲区・乙区から成り立っています。

表題部には土地、建物の住所、地番、地積、登記原因および、その日付、登記の日付などが記載されています。つまり土地や建物を特定するための情報が記されているのです。
甲区には、その物件が誰のものかが分かる部分を示されています。

また、所有権の移行が記載されていて、通常は一番最後に書かれている人が現在の所有者となります。
乙区とは所有権以外の権利関係が記載されている部分です。

住宅ローンを借りる時の抵当権設定登記のほか、借地権や地上権などもここに書かれています。

マンション表示について