依頼する 取得の流れ

必要な時はどうするか


必要な時にはどうすればいいのだろう

商業登記簿は法務局が管理しています。
登記することで会社の信用を保持し、取引そのものの安全を保護する役割を担っていると言えます。

例えば『会社の代表取締役は誰なのか?』、『本店はどこにあるのか?』等、取引する会社についてその内容を調べたい場合には、その会社の本店の所在地を管轄する法務局に行けば、誰でも手数料を支払って登記を閲覧出来るようになっています。

謄本を閲覧することで、会社の様々な事情を読み取ることが出来ます。
増資や減資を繰り返していれば、累積赤字を消しているのかもしれないとか、役員の変更が頻繁であれば、会社内部に揉め事があるのかもしれないと言ったことが推測できます。

種類について