依頼する 取得の流れ

費用について


費用はいくらかかるのだろう

商業登記にかかる費用は、登記する内容や、自分で手続きするか、または専門家に依頼するかで変わってきます。

意外と大変!登記簿謄本の取得実際、会社設立の登記を自分一人で法務局で相談しながら、手続きを行なうことは可能です。
ただし、かなり時間やお金がかかってしまいますが。

また、会社の商号や事業目的が登記可能なものかどうか調べたり、定款認証のために公証人役場に出向いたりする必要があります。書類作成だけではなく、あちらこちらへ出向かなければいけません。
登記完了後も役所等への届け出などが必要です。

専門家に任せてしまおう!

専門家にお願いすれば、面倒な書類作成はもとより、電子定款に対応している専門家なら定款に貼る収入印紙代(40,000円)が不要になりますから、費用も節約できて、全て代行してくれるメリットがあります。

専門家への報酬はもちろん発生しますが、専門家のサポートは素人にはとても心強いものです。

費用とは