依頼する 取得の流れ

マンションの表示について


マンションの表示はどうなるのだろう

分譲マンションなどの「区分建物」を購入する場合、「マンションの一室」を購入すると同時に、「敷地権」も一緒に購入することになります。

これは法律で区分建物と敷地権(土地の部分)を分離して処分することが禁じられているためです。
建物表題登記だけでは、その建物に何らかの「権利」が発生することはありません。所有権保存登記をすることによって、所有権が誰にあるのかを明確にし、第三者に対抗できるようにします。

不動産の場合はどうなるのだろう

不動産登記簿では、敷地権がある場合には、「区分建物の表題部」に「敷地権の表示」をし、「区分建物の土地の記録」にも、「敷地権である旨の登記」することになります。

また、建物表題登記と敷地権には、土地の測量等が必要で、土地家屋調査士が代理で行うことになります。
この登記は、建物が存在する場所やその建物の使途・大きさ等を記載するものです。

一番のチェックポイント