依頼する 取得の流れ

流れ


流れとはどのようなものか

不動産・商業どちらも、所定の手数料(印紙)を納付して誰でももらうことが可能です。
また、利害関係のある部分は閲覧可能です。

法務局もコンピュータ化されているので、会社の本店所在地を管轄していない登記所でも、申請すれば謄本をとることができます。
法務局に行くことができない場合は、登記印紙を貼付した申請書と返信用封筒を所轄の法務局に郵送すれば良いでしょう。

申請しても、発行してもらえない場合があります。
それは、「法務局に登記申請をしている最中の会社」です。会社の設立をして、設立登記申請をします。登記が完了する前に登記簿謄本を請求してしまった場合には、獲得できませんので注意しましょう。

謄本とは