依頼する 取得の流れ

一番のチェックポイント


一番のチェックポイントとは何だろう

土地や建物の所在地や広さ、そして誰がどんな権利を持っているかなどがすべて記載されているのが不動産登記簿です。
所有者の移り変わりや、何らかのローンの担保になっていないかなどを知るための重要な情報源でもあります。

不動産を購入する際、所有者が売主と同じかどうかがチェックポイントです。
新築では、売主が土地を担保に金融機関から融資を受けていることがあります。(その際、根抵当権と記載されています。)引渡しまでに確実に抹消されるか確認する必要があります。

また、中古住宅であれば、売主の住宅ローンの抵当権がある場合、売買代金をローンの返済に充てることが多いので、売買代金の支払いと抵当権抹消のスケジュールを確認しておく必要があります。
抵当権の金額が売買代金より高い場合は、現在のローン残高を聞き、確実に抹消されるか確認しましょう。

また差押、仮差押等と記載されているのであればかなり注意が必要です。

仮登記について