依頼する 取得の流れ

商業登記簿謄本はどのように読むのか


商業登記簿謄本はどのように読むのか

会社の情報が記載されています。

  • 会社の名前
  • 所在地
  • 代表者
  • 資本金

などの記載が義務づけられています。

手続きされていなければ、法律上会社として認められないのです。
引越等で住所が変わったら、市区町村に転居届を出すのと同じように、会社を設立したときなどにも登記という手続きが必要なのです。

法律で決まった内容に限り、情報公開しています。
また、登記内容に変更があれば、登記変更が必要です。

会社を知るための商業登記簿謄本

会社は様々な取引を行ないます。
取引先がどんな会社なのか素性が分からなければ不安になります。謄本を見ることによって、相手がどんな会社なのか知ることができ、不安が解消されることでしょう。
また、自分の会社を明らかにすることにより、会社の信用保持にも役立ちます。

必要な時はどうするか